子育ては洗濯も需要なポイント|初めて赤ちゃんを育てるママ必見

親子

洗剤の選び方と洗い方

ベビー

大人の衣類と分けて洗う

赤ちゃんの肌は敏感で弱いために、衣類によってかぶれたり荒れたりすることがあるので注意が必要です。洗濯する場合も洗浄力の強い洗剤などは界面活性剤や蛍光増白剤などが入っているため、赤ちゃんの衣類を洗うと刺激が強すぎて赤ちゃんの肌に影響が出る場合があります。そのため、赤ちゃん用の衣類と肌に優しい洗剤で大人の衣類と分けて洗濯する必要があります。赤ちゃん用の洗剤を使用しない場合も成分をよく確認してから、香料の入っていないものや界面活性剤が少ない洗剤を選びましょう。赤ちゃんが1歳を過ぎるくらいまでは大人の衣類と分ける方が無難です。また、赤ちゃんの衣類が新しい場合はのり付けがされていたり硬かったりするため、着せる前に一度洗ってあげるのもいい方法です。

手洗いも必要

赤ちゃんの衣類がウンチやおしっこもしくはおっぱいやミルクで汚れた場合、たいへん落ちにくいことが多いので、できる限り早くつけ洗いや手洗いをしておく必要があります。洗濯機にかける前に少し工夫をするだけで仕上がりが大きく違います。また、赤ちゃんの衣類はかわいらしいものや高価なものが多いため洗濯機にかけて傷めてしまったり買い替えが必要になるのももったいないので、丁寧に手洗いをするかもしくはネットに入れてから洗濯する方がいいでしょう。また、洗剤をしっかり落とすためにすすぎもしっかりしましょう。もちろん、洗濯が終わって乾かした後も放置しておくとホコリがついてしまいますので、着せるまでの間ちゃんと保管しておくことが大切です。

Copyright© 2016 子育ては洗濯も需要なポイント|初めて赤ちゃんを育てるママ必見 All Rights Reserved.